貯金箱と節約貯金ライフ

家電の節電方法A「冷蔵庫・炊飯器」

トップページ > 家電の節電方法@

東日本大震災における電力不足

2011/03/11 記憶にも新しい東日本大震災が発生しました。被災者の方には心よりお見舞い申し上げます。そして一刻も早い復興を祈念しております。

この東日本大震災は地震の影響により、福島原発に重大な被害がもたらされました。メルトダウン・メルトスルーという非常事態により原発事故レベル7というチェルノブイリと同レベルの事故レベルの格付けがなされました。それにより2011年の関東地方には電力不足による計画停電が実施され、この「節電」という言葉は深く皆さんの意識に根付いたものとなったはずです。

このページでは前回の「エアコン・テレビ・照明」に引き続き「冷蔵庫・炊飯器」について説明していきたいと思います。


今すぐ出来る節電方法A

冷蔵庫の節電方法

冷蔵庫は24時間稼動させる家電製品であり、少しのことでも思った以上に節電・節約に繋がることがあります。まず上記の5項目を実施してみてください。ポイントは冷蔵庫の中を極力あっためない工夫をすると言うことです。開閉時間を増やすと、冷蔵庫の中が暖まってしまうため、極力減らします。また、物を沢山入れすぎると冷蔵庫が冷えにくくなるため、あまり物は入れないようにします。しかし冷凍庫の場合は逆に物(氷など)を沢山入れておいた方が効果が出るため、冷凍庫に限っては冷えたものを多めに入れるようにします。

次に冷蔵庫自体を暖めない工夫として、冷蔵庫の後ろの壁とに隙間を開けます。これは冷蔵庫の後ろからの熱を再び冷蔵庫に当てないようにするためです。同じように気温が上がる場所に置かないことも冷蔵庫を暖めない重要なポイントになります。

冷蔵庫に入れる野菜・入れない野菜

冷蔵庫の中に物を入れすぎることは冷蔵庫の消費電力が高くなるため極力冷蔵庫は物を入れすぎないようにします。何でもかんでも冷蔵庫に入れている人はこれを機に、入れるものを見直してみましょう。

冷蔵庫に入れる野菜冷蔵庫に入れない野菜
トマト
じゃがいも
ブロッコリー
にんじん
長ネギ
大根
しょうが
ピーマン
オクラ
なす
さつまいも
きゅうり

これを見て結構驚かれた方も多いのではないでしょうか?私も昔は何でも冷蔵庫に入れる人であったため、色々な野菜を入れていました。しかしさつまいもやピーマン、オクラなどは冷蔵庫や野菜室では最適保管温度よりも冷え過ぎてしまうそうです。冷やすべきものだけを冷蔵庫で保管しましょう。


炊飯器の節電方法

炊飯器の賢い利用方法はまとめて炊飯し、保温機能を利用せず、冷凍保存する。これに限ります。食べる時にちょこちょこと炊飯していると非常に電気代が掛かりますし、保温機能を利用している間はこれも多くの電力を消費します。

冷凍ご飯はあまり美味しくないから・・・と思っている方は、冷凍保存のやり方に問題があると思います。冷凍保存したご飯は炊きたてとほとんど変わらない味で楽しむことが出来るので、節電・節約のためにも極力保温機能は使用しないようにしましょう。

・・・ちなみに、美味しい冷凍ご飯の作り方のコツとしては、炊きたてのご飯をジップロックなどに移し軽く冷やします。その後蓋をして冷凍庫に入れますが、ここでポイントがありまして、「ジップロックの中に空洞を作らず、ご飯をいっぱい詰め込む」のが重要になります。空洞があると水分が飛びやすく、飛んだ水分で一部がべちゃーとなってしまいます。この「空洞を作らず詰め込む」ということを心掛けることで、美味しい冷凍ご飯ができると思います。

家電の節電方法B「お風呂・洗濯機の節電方法」

Copyright © 2011 貯金箱と節約貯金ライフ, All Rights Reserved.