貯金箱と節約貯金ライフ

節約や貯金のコツ

トップページ > 節約や貯金のコツ

節約のコツ

投資・浪費・消費を把握

貯金のコツ

貯金を増やす、節約をするために重要なこととして、支出を分析することが必要です。
毎月同じ仕事をしていれば必然的に収入は変わりません。その中で如何に貯蓄を増やすかと言えば 「余計な支出を減らす」ということに限られます。


ズバリ貯金・節約のコツは家計簿を付けること

まず自分の支出を把握することが重要です。毎月の支出を以下の3つにまとめてみましょう。

1.投資(本・お稽古・貯金)
2.消費(ガソリン・食費・光熱費など)
3.浪費(旅行代金・外食費・貴金属など)

支出を上の3つに分類することで、自分が何をするべきがが大体見えてくると思います。
家計簿を付けることで自分が何にいくら使っているかは明確になり、そして無駄な出費を抑えようと努力するようになります。

人によって浪費に入るものは異なってくると思いますが、自分が浪費だと思ったものは浪費、消費だと思ったものは消費で問題ありません。
このように自分なりの支出の区分けが出来たら、極力浪費を減らす努力をしましょう。もしくは1年間で使ってもいい浪費の金額設定をしましょう。貯蓄を増やすためには、いつもと同じことをしていても増えません。

一番大事なことは、浪費を減らすことですか、次に消費を減らすことも心掛けると尚良いでしょう。ただこれに関しては余り考えすぎることは無く、出来ればというくらいで良いと思います。

このように、まずは自分自身の支出がどのように投資・消費・浪費に配分されているかを把握し、その上で浪費を減らすという流れです。把握出来ていない人も多いと思いますので、まずは3つに分類してみるだけでも大きく変化が現れるはずです。

貯金のコツ

最初から貯金額を決めておく

毎月同じ収入でも貯金額に差が出る例をよく見ます。私の周りでもほぼ同じ給料なのに、凄い貯金額が増えている人とそうでない人がいます。貯金の下手な人、上手な人はどこに違いがあるのでしょう?

私の周りを見る限り違いは「貯金に対する意識」です。貯金意識の低い人は「給料の余った分を貯金しよう」という考え方の人が多いようです。しかし実際は毎月余分な出費があり、給料が余ることが無く貯金に回すことができなくなっているのではないでしょうか。

一方、貯金意識の高い人は予めいくら貯金するかを決めている場合が多いです。例えば「毎月3万円は貯金するため、給料が入った時点で貯金口座へ移動させる」「毎月3万円程度貯金するため、毎月の生活費をいくら以下にしよう」と言ったように事前に貯金額を想定してそれ相応の行動をしています。

自分の収入・支出・突発的な支出をある程度想定して毎月いくら貯金をしようと計画を立てることが貯金への成功の近道ではないかと思います。

Copyright © 2011 貯金箱と節約貯金ライフ, All Rights Reserved.