貯金箱と節約貯金ライフ

貯金で貯めたお金を資産運用するための投資運用「個人向け国債」について

トップページ > 個人向け国債

個人向け国債とは?

国債とは国が個人を対象に発行する債券(借用書)のことです。政府に対して資金を預けることで定期的に利息を得ることが出来ます。利息もも定期預金と比較して高くなっており、元本も保証されています。個人向け国債には以下の2つのものがあります。

項目変動10年型固定5年型
対象個人
金額1万円から購入可能
利子受取り半年毎受取り
取扱い機関銀行・証券会社・郵便局・信用金庫・JA等、ほとんどの金融機関で実施
発行時期個人向け国債は毎年1,4,7,10月に発行。
(募集はその1ヶ月前)
期間10年5年
金利半年毎に更新
10年利付国債から
0.8%引いた利率(下限0.05%)
満期まで一定
5年利付国債から
0.5%引いた利率(下限0.05%)
中途換金発行後1年経過で可能発行後2年経過で可能
中途換金時のペナルティー直前4回分の利子(税引前)
相当額が差し引かれる。
直前2回分の利子(税引き前)
相当額が差し引かれる。

では個人向け国債のメリットとデメリットについて紹介します。

個人向け国債のメリット


個人向け国債のデメリット

基本的に個人向け国債は定期預金に似ています。ある期間(5年または10年)預けることで一定の利率が得られ、元本は全額保証されます。ただし途中解約時の手数料が大きめということです。

個人向け国債に向いている人

5年後または10年後までに使用目的がないお金を保有している人は、個人向け国債をやってみるのも有りかと思います。個人向け国債の特徴としては中途解約さえしなければ定期預金以上の金利を得ることが出来、現在の超低金利時代でも多少なりとも金利で収入が得られます。5年後、10年後に使用目的がある資産に対してもそれまで国債として保有して資産運用も可能です。

また元本保証されているということから、外貨預金や株式投資、投資信託と比較してリスクは少なく、リスクを恐れる人に対しても向いている投資方法であると思います。

Copyright © 2011 貯金箱と節約貯金ライフ, All Rights Reserved.